不断水工法のメリット

不断水工法とは水道の管路から分岐管を取り出す際に断水を行わずに施工する方法です。かつては分岐管を取り出すときに断水を行わなければならず、広範囲の住居に大きな影響を及ぼしてしまう問題点がありました。

現座では不断水分岐工法により、断水をしなくて良くなったので周りの住居に影響を与える心配はありません。具体的にはヤノT字管と専用穿孔機を用いて行う工法です。まずはヤノT字管を取り付けます。その後仕切り弁穿孔機を取り付けた上で弁を開きます。

この状態ならば穿孔機で本管を穿孔しても水が溢れ出てしまうことがないので断水を行う必要がありません。穿孔した後は穿孔機の主軸を元に戻した上で弁を閉じます。そこまで完了すれば穿孔機を取り外して分岐配管を行えばすぐに通水できるようになります。

不断水工法を用いる最大のメリットは周囲に影響を及ぼさないことです。断水するとなれば近くに住んでいる方々に断水通知を出したりといった手間がありません。また、工事が完成した後の洗浄と排水も不要になります。

不断水工法は画期的な方法であるがゆえに高額なのではと思われるかもしれません。しかし、不断水工法は従来の断水を行う工法に比べると大幅に手間がかからないので、料金はそれほど高くありません。また、工期に関しても短縮されます。

工期が短くなるということはその分、業者側として人件費が少なく抑えられるので、料金が低めに設定される可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です