水道管の工事は不断水が主流

近年では、農地が宅地へと変わり次々と新しい住宅が建ち並び、郊外の印象も大きく様変わりする光景を目にします。それに伴って行われる工事には、新たに電柱を立て電線を配線したり上下水道の整備がされます。

この水道管の工事では、新たに配管をし通水するまで既設配管を止める断水が行われていましたが、近年では時代背景や社会的な事情からも水を止めない不断水による工法が主流となっています。

一昔前までは、何日も前から周辺に周知をして時には給水車の手配を行い前段取りをする必要がありました。工事が終了して蛇口を回せば赤水が暫くの間出続ける事も当たり前となっていました。

不断水工法では、従来のこうした段取りや不具合を一気に解決した工事で、殆どの水道業者で採用している工法です。不断水工法では、既設管の分岐したい部分に割T字管と呼ばれる器具を装着します。そこにバルブ器具を取付さらに穿孔機をセットします。

穿孔ドリルにて既設配管に孔あけを行ってドリルを元の位置に戻し機械を取り外します。この際、既設配管からあふれ出る水はバルブの締め付けによって止めます。既設管への孔あけで生じる金属屑は水圧によって外に押し出されるので、管内への混入の心配は要りません。

配管工事を行い全てを終了すればバルブを開放して、水を使用できます。不断水では、管内の掃除の手間が要らないので赤水が出るような事はありません。また、工期の短縮に伴ってコスト面でも安くなり非常に経済的と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です