不断水が水道工事を変えた

生活にとって欠かせない存在として水と電気があります。日本は様々な災害があり、これら2つのライフラインが止まってしまうと生活に大きな影響を与えてしまいます。それは、災害以外でも工事に伴い止まってしまう事でも同じで、なるべく停電や断水をしないで施工が行えれば理想です。

近年のインターネット社会に伴いパソコンの普及によって電気工事では停電をする事なく、配線の入れ替えを行えるようになりました。それは、水道でも同様に水を止める事のない不断水工法が現在では主流となっています。

水道管分岐工事は、従来であれば水を止めて行われていました。何日も前より近隣への周知をし給水車の手配をする必要もありました。不断水工法では、それらが全く必要ありません。実際の施工では、既設配管の分岐したい箇所に割T字管と呼ばれる専用の器具を取り付けます。

それにバルブを取り付け穿孔機を接続します。穿孔ドリルにて既設配管への穴あけを行い、完了したら元の位置まで戻します。水が溢れ出してくるのでバルブの締め付けによって止水します。穿孔機を取り外せば、それ以降の配管作業を施工できます。

この際、既設配管穴あけによる、削り屑は水道管の圧力により外へ押し出される為、内部への混入の心配はありません。不断水工法では、工期の短縮や人件費が少なくて済む事からも非常に経済的です。

従来では、蛇口をひねった際に際に出る赤水の心配もなく、現在はどこの業者でも採用する工法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です