水道工事が不断水の場合は工事時間に注意

近年は水道工事の際に断水することが少なくなっています。これは断水をせずに工事を行う方法が確立されており、方法を使うことで水道を止めることなく十分な時間的余裕を持って作業が行えるために、様々な点検作業も含めて十分な工事時間が取れることから広く採用されている方法でもあります。

しかし、水道が断水しないと言う事は工事の開始と官僚がわからない危険性があり、これは大きな問題を生むことにもなっているので注意が必要です。従来は水道工事を行う際に断水の予告がなされ、工事終了後水道を再開する際には利用者は初めに水の色や匂いなどを確認すると言う習慣がありました。

これは工事完了後に水質が汚染されていないかどうかを確認するための手段ですが、近年では断水が発生しないためにこの確認を行うタイミングがわからないと言う問題が発生しています。

不断水の工事は水道管の管路内に迂回用の工具を挿入し、一時的に水道を迂回させて工事を行う方法であり、水の流れをせき止めることなく工事を行えるのが大きなメリットですが、水道管の中に工具を差し込むためその工具が汚れていると水道の中にその汚れが混入してしまうことが大きな問題となっています。

通常は工具を十分に洗浄し安全性を確認した上で利用するのですが、万が一その手順を怠った場合には水道管の中に異物が混入することになり、大きなトラブルを招く危険性があるのです。

そのため利用する側の自己防衛として、不断水の水道工事の場合には工事時間を把握してその時間には極力水道を利用しないことや、利用する際には色や匂いを十分に確認してから使用することなどが必要になります。

基本的に不断水工事を行う場合には作業者は十分な注意を払っていますが、万が一を想定し利用者側も充分に注意を払うことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です