不断水分岐工法のメリット

現代は、蛇口をひねれば水が出るのが当たり前の世の中になっており、昔のように断水して工事を行なうことが難しくなっています。そこで開発されたのが、通水状態のまま施工できる、不断水工法です。

不断水工法には、本管から枝管を取り出す「分岐工法」と、本管の切断部に仕切り弁などを挿入する「インサーティング工法」があります。また、止水の方式には、バルブと補助金具を利用する機械工法と、枝管内の水を窒素などで凍らす凍結工法があります。

不断水分岐工法は、上水道の給水分岐時に、本管を断水することなく施工する為に開発されました。そして、下水圧送管においても、空気弁の追加設置などに採用されています。不断水分岐工法の具体的流れとしては、先ず、不断水穿孔機と呼ばれる特殊な機械を仕切弁に設置します。

その後、仕切弁を全開にして穿孔機を始動し、既設圧送管に孔を開けます。その際に切削される管片は水圧で穿孔機側に押し出され、切屑と一緒に排出されます。穿孔が完了した後は、仕切弁を閉ざして穿孔機を外します。

それから、分岐側の配管を接続して、弁を開いて通水することになります。現在は、エンドミルを使った穿孔機も開発されており、既設管を溝状に穿孔することが可能になっています。

それによって、開口部にソフトシール弁体を挿入し、通水したままバルブを設置することができます。この工法では、大掛かりな重機が不要になる他、安全かつスピーディに工事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です