不断水工法が採用される場面とは

不断水工法には分岐工法と凍結工法の2種類があります。1959年に上水道の配管工事を行うことを目的として分岐工法が開発されました。その後凍結工法が登場し、現在ではいずれの工法も上下水道の配管工事で採用されています。

凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させバルブの代わりとする工法です。バルブがない場所や遠く離れた場所で作業が必要な場合に採用されています。また営業中の大型商業施設で各階ごとに配管工事が必要な場合などにも最適な工法です。

いずれの工法も従来と比較して大幅な工事期間の短縮を期待できます。不断水工法が登場する以前は、新しい分岐管やバルブを設置するために古いバルブを閉じて既設管内の水流を止めていました。バルブが工事現場の付近にない場合には大規模な断水が生じます。

そのため周辺住民への告知や給水車の手配が必要となります。また古いバルブには赤錆が付着しているのが通常です。古いバルブを動かすと赤錆が剥離して水が濁ります。分岐管やバルブを設置した後に配管内の清掃が必要となります。

不断水工法を採用した場合には、大規模な断水が生じることもバルブの開閉により水が赤く濁ることもありません。分岐工法では穿孔機のドリルで既設管に穴を開けますが、発生した切り屑は水圧で押し出されます。

そのため配管内に切り屑が残ることはなく、清掃は不要です。不断水工法を採用すると周辺住民対策や清掃などの付帯作業が不要となります。また工事自体も短時間で終わるため、総合的な工事期間が短縮されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です