不断水工法のメリット

不断水工法のメリットは工事期間を短縮して人件費などのコストを削減できる点にあります。また不断水工法には分岐工法と凍結工法が存在しますが、特に凍結工法はデパートなど大型の商業施設でフロアごとに配管工事を行う場合などに適しています。

かつては配管工事を行うために古いバルブを動かして既設管内の水流を止める必要がありました。水流を止めると周辺住民への告知や給水車の手配が必要になります。また上水道では赤錆が剥離して水が赤く濁るため清掃が必要です。

不断水工法ならばそれらの手間を省略できます。分岐工法は割T字管と仕切弁、穿孔機を既設管に取る付けて作業を行います。割T字管とは分割型のT字管で、仕切弁は既設管に穴を開ける歳の水流をコントロールします。

仕切弁を全開にした状態で穿孔機のドリルを使用して穴を開けます。次に全閉にして穿孔機のみを取り外し、仕切弁の先に新しい分岐管やバルブを設置します。割T字管と仕切弁は作業後も残ります。分岐工法では完全な通水状態で新しい分岐管やバルブを設置できます。

穴を開ける際に生じる金属片は水圧で押し出されるため配管内には残りません。凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させて作業を行います。凍結部分はバルブの代わりとされ、部分的な断水が生じます。

バルブのない場所や遠い場所でも簡単に作業を行えるというメリットがあります。分岐工法も凍結工法も完全な断水を生じることなく作業ができ、バルブを動かさないため赤錆が剥離して赤水も発生しません。

周辺住民対策や清掃などが不要で、工事期間を短縮できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です