不断水工法による配管工事

上下水道の配管工事を不断水で行うとより効率的です。不断水でない場合には周辺住民への告知や給水車の手配などが必要になります。また既設管内の水流を止めるために古いバルブを動かす必要があり、付着していた赤錆が剥離します。

赤錆が剥離すると水が濁るので分岐管やバルブを設置した後で清掃が必要です。不断水で配管工事を行うとこれらの付帯作業を省略できます。また不断水による工事は短時間で完了するので、従来の方法よりも大幅に工事期間は短縮されます。

工事期間の短縮はコストの削減につながり、経営効率を向上させます。既設管内の水流を止めずに作業を行う技術は1959年に登場しました。最初に開発されたのは分岐工法です。上水道の配管工事を目的として開発されました。

その後凍結工法が登場し、現在では両方が上下水道の配管工事に利用されています。分岐工法は割T字管と仕切弁、穿孔機を既設管に取り付けて作業を行います。仕切弁を全開にした状態で穿孔機のドリルを使用し既設管に穴を開けます。

その後は仕切弁を全閉にして穿孔機を取り外し、分岐管やバルブを設置します。割T字管と仕切弁は既設管に設置されたまま残ります。

分岐工法では切り屑が発生しますが、水圧で外に押し出されて穿孔機内に取り込まれるので配管内に残ることはありません。そのため作業後の清掃は不要です。

凍結工法は作業部分の両端を液体窒素で凍結させます。凍結部分はバルブの代わりとなるので、バルブがない場所でも容易に作業が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です